Feb
15
2015

long

running

ランニング/畠山隆暢レポート

REPORT 2015.02.15

青梅マラソン

晴天にめぐまれ、はじめての青梅マラソン参加です。今回は、大学時代陸上部で中距離選手だったという知り合いから聞いた情報で、大会前によくユンケルを飲んで試合に臨んでたという事を聞き、これはもしやマラソンにも使えるのではないかと思い、ユンケルをスタート30分前に注入してみた。スタートから5kmぐらいは緩やかな登りが続きイーブンペースで走り続けるも、小刻みに繰り返すアップダウンが折り返し地点まで続くのである。通常10kmごとに、ジェルを補給するという僕の中の決めごとだったのだが、ユンケルの効力かはたまた朝食のうどんパワーか?(笑)折り返しの15kmまで補給いらずで前半は乗り切れた。

 

photo01

 

photo02

 

photo03

15km地点を折り返してからは下り基調のダウンヒルであっという間に、21km手前の青梅マラソン最大の難所〝心臓 破りの坂〟へ。ちょっと心折れそうになったが、足はまだやられてなかった。腕を振り上半身を前傾にし、一歩一歩坂をかけあがりなんとか激坂を攻略!沿道の声援から「これが最後の坂だよ〜。」と聞こえてきてかなり気持ちが楽になった。

 

photo04

 そこから残り5Kmは緩やかな坂をくだり、激しいアップダウンに蝕まれた足を総動員して無事ゴール!

 

photo05

苦手な坂も、ユンケルで乗り切れたかな?(笑)

持久力向上委員会
オフィシャルサイト閲覧回数
facebook youtube
総閲覧回数